製薬企業内医師(MD)とは

製薬企業内医師(MD)とはなんですか?

製薬企業内医師(MD)は医療現場、疾患、医療倫理に精通した専門家としてこの使命を果たすと共に、製薬企業において主として医薬品等の研究開発、安全性の仕事に携わっておられる医師です。

製薬企業内医師の魅力を一言でいうと?

臨床医の仕事は、臨床においては患者様と1対1の関係であり、患者様の病気の診断、治療等の医療行為の選択など、非常に重要且つ遣り甲斐のある使命だと思います。

製薬企業という観点からは、お薬を使われる患者様はじめ多くの人々の健康に対する使命があります。一昔前と異なり、最近は「効果はあるけど、副作用もある」医薬品が多く出てきております。医師として医薬品の創薬、育薬に関わることによって、世の中の多くの人々のために貢献できる壮大な職務とも考えられないでしょうか。

当直やオンコールなどから離れ、時間的に規則正しく仕事・生活が送れることもあります。しかし、決して「楽」が出来るということではありません。時として海外との深夜の電話会議、頻繁な海外出張に加えて、今まで同じ立場であった臨床医を「お客様」として接することになるため、「それなりに大変です」とのご意見をお聞きすることがあります。

日本国内において、製薬企業で働く医師について状況を教えてください。

医薬品の開発は、薬学系の研究者によって培われてきましたが、新薬の開発や営業活動、安全性情報の分析にも医学的知見が必須となり、医師を迎えられる企業が増えてきております。
昨今、製薬企業のグローバル展開が当たり前となりつつある時代、海外のカウンターパートが医師となり、日本側も対等に協議のできる医学専門家を迎え入れるニーズが高まってまいりました。

製薬企業内医師への転職を考えている方にはどのような経歴の方が多いでしょうか?

医師の絶対数からしてそうですが、臨床医をご経験された方が大半を占め、研究畑のみという方は少数派になります。広く言われる「研究開発(R&D)」という部門でも、試験管を振るような探索業務でのお仕事は少なく、治験を担当する臨床開発業務での活躍の場が多くなります。医薬品の安全性管理部門で活躍される場合は、臨床現場で患者様を診て来られた経験が非常に大切になります。

- まずはコンサルタントにご相談ください -

製薬企業内医師(MD)の1日はコチラから

新着求人

求人詳細をご覧いただくには
会員登録又はログインが必要です。