HELLO, Medical Professionals!ロゴ

五味邦代先生

昭和大学藤が丘病院 消化器内科 講師

アイコン

女性医師の“働く”可能性を広げる
内視鏡の魅力を伝えたい

ー医師を目指し、患者さんの「ありがとう」を感じられる消化器内科医に

私が医師を志したのは、高校生のときです。
心理学に興味を持ったものの、文系科目がとても苦手でした。理系科目が得意だったので医学部を受験しました。その頃は医学部に入ったら精神科もありかなぁと漠然と思っていました。選択肢として医学部があった背景には、父が医師であったことも影響していると思います。ただ、医者になるように言われたことは一度もないし当時は思春期だったこともあって相談することは一度もありませんでしたね(笑)。
国家試験に合格し、卒業後は大学病院の分院である昭和大学藤が丘病院を選びました。大学病院としての役割もありながら地域に密着した一般病院に近い部分もあり、臨床も多く、患者さん寄りの立ち位置も気に入りました。臨床研修医制度が導入された初年度でしたが、個人的には2年間働いてから専門を決められるのはいいなと感じていました。学生時代は、皮膚科、小児科なども考えていたものの、結果的には消化器内科に進みました。辛くて入院した患者さんが、できるだけ短期間で元気になって帰っていただける科に入りたかったんです。目に見えて成果が分かり、感謝してもらえるということ以外にも、将来的に働き方の融通が効きやすい科であることも魅力だと感じていましたね。

05_ms_img_03

ー内視鏡の役割とその魅力に惹かれて・・
  臨床・教育・研究で成り立つ消化器内科医の日々

3年目からは「上部消化管内視鏡」いわゆる胃カメラの基礎を学び始めました。もともと手を動かすことや細かな作業が好きなので、性に合っていたのかもしれません。できることが増えると、さらに高い技術を身に付けたくなりました。
内視鏡の役割は二つあります。一つは病気を見つけること、もう一つは治療することです。最初の3、4年は検査がメインでしたが、慣れてくると治療も担当できるようになりました。見逃しそうな小さな食道ガンや胃ガンを、早期で発見できたとき、また見つけたものを自分で治療できることが内視鏡のやり甲斐です。早く見つけることができれば、外科手術をせず内視鏡手術で治すことができるので、患者さんにとってもメリットになります。
私の日々の仕事は、臨床・教育・研究で成り立っています。
曜日によっても異なりますが、朝8時から“カンファレンス”が始まり、消化器内科・上部チームで集まり、研修医たちが内視鏡写真から、どのような診断を導き出したか共有します。その後9時までに病棟の患者さんを診に行き、9時からは内視鏡です。午前中に検査を終え、午後からは治療を行います。17時頃から、また病棟の患者さんを診に行きます。これが、内視鏡の日もあれば、外来の日もあるというイメージですね。20時~21時頃自宅に帰れることが多いですが、もっと遅くなる日もあります。
平日は週に2回ほど、帰宅して夕食を軽く食べた後に22時頃からジムで筋トレと有酸素運動を行っています。また、月に数回は、夜間や休日にERで救急業務をしています。その他にも、5日に1回のオンコール(緊急内視鏡の当番)があるので、その時は遠出やお酒は控えています。オンコールやERにあたっていない日は、ゆっくりと映画を観たり、美味しいものを食べに行ったり、電子ピアノを弾いたりして息抜きすることが多いですね。

05_ms_img_03

ー患者さんの気持ちに共感しすぎず、寄り添うことを大切に

印象に残っている出来事があります。4年目のとき、治すことができない肝臓ガンの患者さんを診ていました。「治らないなら、死にたい」と面と向かって言われ、私自身もとても辛く、思わず患者さんと一緒に泣いてしまいました。今となっては、こちらが涙を流すべきではなかったと感じています。医者という立場では、患者さんの気持ちに寄り添うべきではありますが、そこに共感し過ぎてしまうのはいけない、と反省しました。私が泣くと、患者さんは拠り所をなくして余計に落ち込んでしまう気がしますね。
外来ですと、患者さんご本人で完結することが多いですが、内視鏡治療は手術の範疇なのでご家族を呼んでお話をするようにしています。そこで、いかに信頼を得られるかが大切です。今は少なくなりましたが、かけ出しのときはどうしたら信頼を得られるかとても悩みました。患者さんも不安で来ているので、不安から不信感をあらわにする人もいます。治療が終われば、上手くコミュニケーションが取れるケースもあるので、自分の中でも徐々に割り切れるようになりました。
また、外来のときも、治療する患者さんはできるだけ最後に来ていただいて、長く時間をとってお話するように工夫しています。伝え方も大切ですね。こちらが迷いながら話すと、患者さんを不安にさせてしまうので、ハッキリ伝えることを心がけています。例えば、「今年カメラを受けてラッキーでしたよ。胃ガンを見つけてくれた先生に感謝ですね」とか。特に治るガンの人にこそ、明確にお伝えするようにしています。

ー“内視鏡は手に職”。女性医師としての働き方を選べる大きな魅力がある

内視鏡は手に職です。例えば、内視鏡検診クリニックであれば、午前中に胃カメラをして、午後に大腸カメラをして17時に帰る、といった働き方も可能です。最近は、女医さんを勧誘するときも、「こういう働き方ができるのがいい」と伝えるようにしています。内視鏡ができれば、産休後なども働きやすいですよ。自分のプライベートの状況に合わせて、働き方を選べる職業であることは、とても恵まれていると思います。変化に対応したメリハリのある働き方ができるという魅力を、伝えていきたいですね。

昭和大学藤が丘病院 消化器内科 講師

五味 邦代先生

1980年東京生まれ。昭和大学医学部大学院卒業後、昭和大学藤が丘病院 消化器内科に入局。専門領域は、上部消化管。日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医の資格を持ち、女性医師として精力的に活躍している。

WORK STYLE&CAREER

pagetop